未経験から人事に転職する方法は?おすすめの資格やポイントを知ってキャリアアップを目指そう

  • URLをコピーしました!

皆さんもご存じの通り人事とは、企業の人材を管理する部署です。

人事は、人材採用や教育、評価や労務管理など、さまざまな業務を担っています。人事は企業の戦略や文化に合わせた人材マネジメントを行うことで、組織の成長に貢献します。

未経験から人事に転職するには、どのようなスキルや資格が必要なのでしょうか?

この記事では、未経験から人事に転職するためのポイントを紹介します。

\ 人事職の仕事が簡単に探せる /

最初から最後まで完全無料でご利用いただけます。

目次

人事のおもな業務内容とは? 

人事のおもな業務内容とは?
人事のおもな業務内容とは?

人事とは、企業の最も重要な資源である人材を管理する部門です。

人事の業務内容は、人材の採用・教育・評価・管理など、多岐にわたります。人事の業務は、企業の業績や競争力にも大きく影響します。

ここでは、人事のおもな業務内容について、詳しく見ていきましょう。

人事へ転職する志望動機については、「人事担当者へ転職したい!志望動機の書き方のポイントや注意事項も解説」の記事でさらに解説しています。

人材採用 

人材採用とは、企業に必要な人材を見つけて採用する業務です。

人材採用には、新卒採用と中途採用があります。人材採用の目的は、企業のビジョンや戦略に合った優秀な人材を確保することです。

人材教育 

人材教育とは、社員の能力やスキルを向上させるための教育・研修を行う業務です。人材教育には、入社時研修やOJT(実務訓練)、職種別研修や階層別研修などがあります。

評価関連 

評価関連とは、社員の業績や能力を評価し、報酬や昇進などに反映させる業務です。評価関連には、目標管理制度や成果報酬制度などがあります。

目標管理制度とは、社員と上司が共に目標を設定し、達成度や成果を評価する制度です。成果報酬制度とは、社員の業績に応じて報酬を変動させる制度です。

労務管理 

労務管理とは、社員の労働条件や安全衛生などを管理する業務です。

労務管理には、就業規則や労働契約書などの制度整備や遵守、給与計算や社会保険手続きなどの事務処理、労働災害やトラブル対応などがあります。

このように、人事の業務は多岐にわたり、社員の管理や育成に関わる重要な役割を果たしています。

未経験でも人事に転職できる可能性はある


実際に人事への転職において、未経験からは厳しいのかという点についてもここで触れていきます。

実際に企業や業種によるところはありつつも、未経験から人事に転職できる可能性は決して低くありません。

人事の多様な業務に適性があればチャンスが広がる 

人事は、採用や教育、評価や労務など、さまざまな業務を担当するため、コミュニケーション能力、分析能力、企画力など、多様なスキルや経験が求められます。

ただし、これらのスキルや経験は、他の職種でも獲得することができます。たとえば、営業やマーケティングの経験、経理や総務の経験があれば、評価や労務の分野で活かせることが考えられます。

人事の需要増加に伴い、未経験者でも求人が増加 

近年、人事の役割はますます重要性を増しています。

企業は、優秀な人材を確保し、育成し、効果的に活用することで競争力を維持・向上させる必要があります。そのため、人事の専門性や戦略性が求められています。

また、社会情勢の変化に適応するためにも、柔軟かつ革新的な人事が必要とされており、未経験者でも求人が増えています。

人事になるには?について知りたい人は、「憧れの人事になるには?必要なスキルや資格、おすすめの業界についても解説!」の記事も読んでみてくださいね。

\ 人事職の仕事が簡単に探せる /

最初から最後まで完全無料でご利用いただけます。

未経験からの人事転職が難しいとされる理由

未経験からの人事転職が難しいとされる理由
未経験からの人事転職が難しいとされる理由

人事に転職するには、多くのメリットがあります。

人事は、企業の成長や変革に貢献できるやりがいのある仕事です。さらに、人事は、比較的安定した収入やキャリアパスを期待できる職種です。

しかし、人事に転職するには、多くの難しさもあります。特に、未経験からの人事転職は、以下のような理由で難しいとされています。

人事の仕事に向いている人については、「人事の仕事に向いている人とは?あなたの適性を活かして花形ポジションを目指そう!」の記事を読むことで、さらに詳しい情報を理解することができますよ。

人事は幅広い知識とスキルが必要

人事は、採用や教育、評価や労務など、さまざまな業務を担っています。

そのため、人事に転職するには、幅広い知識とスキルが必要です。例えば、採用では、市場動向や求める人材像を分析し、効果的な採用戦略や手法を考える能力。

評価では、公正かつ客観的な評価基準や方法を設定し、社員の成果や成長を支援する能力が必要です。

求人枠に対して応募者が多く競争率が高い

人事は、多くのメリットがある職種であるため、多くの人が転職を希望しています。

しかし、人事の求人枠は限られており、応募者に対して供給が少ない状況です。

そのため、人事への転職は競争率が高くなっています。特に、未経験者は、経験者や専門性の高い人と比べて不利な立場にあります。

未経験者が採用されるためには、自分の強みや志望動機を明確に伝えることだけでなく、人事の業務内容や知識を学ぶ意欲や努力をアピールすることも必要です。

\ 人事職の仕事が簡単に探せる /

最初から最後まで完全無料でご利用いただけます。

未経験から人事に転職するためのポイント

未経験から人事に転職するためのポイント
未経験から人事に転職するためのポイント

未経験から人事に転職するには、多くの難しさがありますが、不可能ではありません。以下のようなポイントを押さえて、人事への転職を成功させましょう。

20代の人事未経験の転職については、「20代で転職したい!人事未経験でもポイントとコツさえつかめば成功する」の記事でも解説しています。

転職エージェントを活用する

転職エージェントは、未経験から人事に転職する際に大きな助けとなります。

転職エージェントは、人事の求人情報や市場動向を把握しており、自分に合った企業やポジションを紹介してくれます。

また、履歴書や職務経歴書の添削や面接対策など、転職活動のサポートもしてくれます。転職エージェントを活用することで、未経験から人事に転職する確率やスピードを高めることができます。

人事業務への熱意と知識を持つ

未経験から人事に転職するには、人事業務への熱意と知識を持つことが重要です。

人事業務への熱意とは、なぜ人事に興味があるのか、どんな人事になりたいのか、どんな価値観やビジョンを持っているのかなど、自分の思いや目標を明確に持つことです。

人事業務への知識とは、人事の役割や業務内容、法令や制度など、人事として必要な基礎的な知識を身につけることです。これらの熱意と知識を持つことで、未経験でも人事に向いていることや学ぶ意欲があることをアピールできます。

志望動機の明確性をアピールする

未経験から人事に転職するには、志望動機の明確性をアピールすることが必要です。

志望動機の明確性とは、なぜその企業やポジションに応募したのか、どんな貢献ができると考えているのかなど、自分の目的や目標を具体的に伝えることです。志望動機の明確性をアピールすることで、未経験でもその企業やポジションに対する関心やモチベーションが高いことや適性があることを示すことができます。

人事関連の資格を取得する

未経験から人事に転職するには、人事関連の資格を取得することも有効です。資格を取得することで、未経験でも人事として必要な知識やスキルを身につけたことや自己研鑽をしたことを証明できます。また、資格を取得する過程で、人事に関する最新の情報やトレンドに触れることもでき、未経験でも人事に対する専門性や信頼性を高めることができます。

\ 人事職の仕事が簡単に探せる /

最初から最後まで完全無料でご利用いただけます。

人事への転職におすすめの資格とメリット 

人事への転職におすすめの資格とメリット 
人事への転職におすすめの資格とメリット 

人事への転職には、資格が必須というわけではありませんが、あると有利になるものもあります。人事への転職におすすめの資格とそのメリットについて、以下に紹介します。

社会保険労務士 

社会保険労務士は、社会保険や労働保険、労働法などに関する専門家です。人事は社員の雇用や給与、福利厚生などに関する業務を行うことが多いので、社会保険労務士の資格を持っていると、その知識やスキルを活かすことができます。また、社会保険労務士の資格は難易度が高く、取得者も少ないので、希少性や信頼性も高まり、企業から重宝されることが多いです。

キャリアコンサルタント 

キャリアコンサルタントは、個人や組織のキャリア形成やキャリア支援に関する専門家です。人事は社員の採用や育成、配置などに関する業務を行うことが多いので、キャリアコンサルタントの資格を持っていると、その知識やスキルを活かすことができます。キャリアコンサルタントの資格を持っている人事は、社員から信頼されることが多いです。

人事コンサルへの転職に関する詳しい情報は、「人事コンサルへの転職に向けて。メリットとデメリット、転職手順を徹底解説」の記事でも解説しています。

メンタルヘルスマネジメント 

メンタルヘルスマネジメントは、メンタルヘルスに関する知識や対策を学ぶことができる教育プログラムです。人事は社員のメンタルヘルスに関する業務も行うことがあります。メンタルヘルスマネジメントを受講した人事は、社員のメンタルヘルスに配慮した人材マネジメントができるのでは、とみてもらえることも多いです。

\ 人事職の仕事が簡単に探せる /

最初から最後まで完全無料でご利用いただけます。

まとめ 

まとめ 
まとめ 

人事は、企業の人材戦略を担う重要な職種です。人事には、採用や教育、評価や報酬など、様々な業務があります。人事に転職するメリットは、幅広いスキルや知識を身につけられることや、企業の成長に貢献できることなどが挙げられます。しかし、未経験者は、経験者や専門性の高い人と比べて不利な立場にあります。

ここで解説したポイントを押さえて、人事への転職を成功させましょう。

\ 人事職の仕事が簡単に探せる /

最初から最後まで完全無料でご利用いただけます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次